ビジュアルレポート制作事例:大阪・関西万博 EXPO PLL Talks 第六回「参加型万博のカタチ ー音楽×共創ー」

2021年9月3日

ラブソルでは、「ビジュアルレポート」という手法を用いて、イベントやカンファレンスの内容をお届けしています。

ビジュアルレポートとは?
「情報のデザインを通じて、コミュニケーションをよりなめらかにすること」を目指し、ビジュアルとテキストの力を使って届けること。これまでもLINE株式会社様CAMPFIRE Community様など、様々な企業様にご活用いただいています。

先日新たに、こちらのビジュアルレポートがリリースされました。

2025年に開催予定の大阪・関西万博に向けて実施されているイベント「 EXPO PLL Talks」の 第六回「参加型万博のカタチ ー音楽×共創ー」の内容をギュギュッと一枚にまとめました。

こちらの記事では制作過程を、ビジュアルレポート制作を担当した、ラブソルデザイン事業部の小野寺がご紹介します。

Step1.目的のすり合わせ

ご依頼いただいた際、まず行うのが目的のすり合わせです。

クライアントさまと私たちで、あらかじめ目指す地点を共有しておくことで、判断が必要な局面で、互いに納得感を持って進めることができます

カンファレンスやイベントでビジュアルレポートを活用いただく際、目的として下記のようなものが挙げられます。

①イベント自体の認知向上
②イベントで扱っているサービスやコンテンツの認知向上
③アーカイブ動画への誘導
④参加者の満足度向上
⑤登壇者の満足度向上
⑥イベント後に社内外への説明資料として活用

この中のどれにあたるのか、複数ある場合はどのような優先順位かを、お話の中ですり合わせていきます。目的がまだはっきりしていないという場合も、安心してご相談ください。

Step2.制作にあたってのご提案

目的が明確になったら、画像サイズ、デザインのトンマナなど、実際の制作に関するご提案させていただきます

今回はすでに決まっていたためありませんでしたが、場合によってはリリース時期やリリースするプラットフォームのご提案もこのタイミングで行います。

今回の制作では、
①イベント自体の認知向上
②イベントで扱っているサービスやコンテンツの認知向上
③アーカイブ動画への誘導

この3つが主な目的でした。

■サイズ
主にTwitterでの使用や記事のサムネイルとしての使用、またPCで見ることも想定していたことから、2:1の比率で制作することになりました。

Instagramのユーザーに届けたい場合などは正方形など、目的に応じてご提案いたします。

■デザインのトンマナ
大阪・関西万博に馴染みのない方でも「楽しそう!」と思っていただけるように、見た瞬間にわくわくするような雰囲気に仕上げることに

さらにそこに、今回扱う「ゆる」「PLAYFUL(プレイフル)」の要素を加えることにしました。

フォントは「ゆる」を感じさせるものを使用。イラストは全身で楽しんでいる様子が伝わるようなものを一点一点手描きしました。

■制作スケジュール
制作スケジュールは、制作枚数やイベントの形態など、状況に応じて決めていきます。今回は、オンラインでのイベント視聴後4週間程度で納品となりました。

Step3.制作開始〜ラフ・登壇者イラストの制作〜

オンラインイベント当日にビジュアルレポートをリリースしたい場合は、事前に資料やドキュメントを共有いただき、それをもとに制作を行っていきます。

今回はイベント後のリリースとなったため、イベント当日にオンライン視聴をしながら、リアルタイムでラフを制作していきました。

■ラフ制作時のポイント
今回、ビジュアルレポートを見て欲しい対象が、まさに私のような「万博を縁遠いと感じている人」でした。そんな私でも、イベントを視聴し終わった後にはすっかり万博が楽しみに。

私が「楽しみ!」と思うきっかけとなったトピックやワードを中心に、初めて見た方でもある程度文脈が理解できるよう意識して、要素を選定しました。

また、スマートフォンの小さな画面でも見ていただくことを想定し、情報量を調整します。

■登壇者イラスト

これまで制作させていただいたビジュアルレポートには全て、登壇者の方のイラストを盛り込んでおり、登壇者や登壇企業様を中心に、大変ご好評いただいています。

今回も、本イベントのファシリテーターでテーマ事業プロデューサーの中島さち子さん、ゲストで世界ゆるミュージック協会の梶望氏・澤田智洋氏のお三方の似顔絵を制作しました。

スケジュールがタイトな場合は、参考写真を頂戴し、似顔絵のみ先行して制作することもございます。

Step4.やりとりを重ねて完成まで

ラフや登壇者イラストを確認いただき、表現や盛り込む内容を固めていきます。

この時、クライアントさまにご確認いただくのはもちろん、社内でも専任の担当者が確認を行います。情報に誤りがないかのファクトチェックや、より魅力的な表現はないか、言葉を磨く作業も行っています。

内容が確定次第、色やレイアウトなどのデザインを調整し、ご確認いただく。これを何度か繰り返し、完成させていきます。

今回も担当者の方と何度かやりとりを重ね、完成しました!

Step5.いよいよリリース

完成したビジュアルレポートは大阪・関西万博公式Twitterを皮切りに、Facebook、Instagramでもリリースされ、たくさんの反響をいただきました。

https://www.instagram.com/p/CTN1kKatEIc/?utm_source=ig_web_copy_link

https://www.facebook.com/expo2025japan/posts/4510544382342415


ラブソルではビジュアルレポートと同時にダイジェスト動画も制作させていただきました。こちらもぜひ、ご覧ください。

制作事例とお問い合わせ方法

これまでのビジュアルレポートはラブソルのデザイン・ビジュアルレポート専用のInstagramに掲載しています。

https://www.instagram.com/la_boussole_design/

ビジュアルレポートを活用してみたい、さらに詳細を知りたいという方はぜひ一度、お問い合わせください。