LINE BIZ DAY2021をビジュアルでお伝えしました!

2021年5月21日

2021年5月14日(金)、LINEを活用した最先端のマーケティング事例を紹介するイベント『LINE BIZ DAY 2021』がオンラインで開催されました。

ラブソルでは、LINE株式会社様よりご依頼いただき、イベント内容をビジュアルを使ってお届けする「ビジュアルレポート」を作成させていただきました。

ビジュアルレポートはセッションごとに作成。

セッションが終わるごとに、twitterで公開されました。イベントに参加している方はもちろん、参加していない方に対しても、イベントが開催されていることや、イベント内容を知らせる役割を果たしています。

さらにはイベントのメインステージとも言える、ライブ動画視聴ページでも、公開されました。

セッション終了ごとに、視聴画面の横にビジュアルレポートが出現。内容のふりかえりや、分からなかった箇所の再確認に、活用いただきました。

ビジュアルレポートを活用して、オンラインイベントをより楽しく

コロナ以前のイベント・カンファレンスでは、私たち利用者や企業にとって役に立つ情報の提供はもちろん、エンターテイメント性の高い演出や、もらって嬉しいノベルティグッズのプレゼント、目にも楽しい軽食など、様々な工夫で来場者を楽しませてきたLINE様。

「より楽しいものに」というその姿勢はオンラインになっても変わりはありません。

工夫の凝らされた視聴画面やイベント申込者限定プレゼント同様、ビジュアルレポートも、楽しい、を演出する役割を担っています。

ビジュアルレポートはどのように作られるの?

ビジュアルレポートは、リアルタイムで描き上げていくグラフィックレコーディングとは違い、事前に共有いただいた情報をもとに、イベント開始までに完成させています。

重要なリリースや発表が含まれるイベントにおいて、事実誤認がないよう、事前のファクトチェックには重点をおいているのです。

ここからは時系列順に制作フローをご紹介します。

〈イベント3ヶ月〜前〉

制作はイベントの数ヶ月前から始まります。

まずは、お打ち合わせの時間をいただき、イベントの概要や目的を伺っています。

イベントの集客のためなのか、サービスの紹介のためなのか、ブランディングのためなのか。

目的に応じて、レポートに盛り込む情報量や内容、デザインの大枠を決めていきます。

〈イベント2〜4週間前〉

発表の内容が概ね決まってきたタイミングで、共有いただきます。

それまでに、似顔絵や複雑なグラフなど、事前に盛り込むことが確定している要素がありましたら、元となる写真やデータを頂戴し、作成していきます。

LINE BIZ DAY2021のビジュアルレポートも、イラスト部分は事前に制作しています。

共有していただいた情報をもとに、弊社でラフを作成します。何度か確認、修正を繰り返し、まずは盛り込む内容と大まかなレイアウトを確定させます。

〈イベント1〜2週間前〉

内容が概ね確定しましたら、本番描きに入ります。ここで細かなデザインや表現を調整していきます。

イベント当日

調整はイベント当日まで及ぶこともあります。必要に応じて、現場やオンラインでの待機も可能です。

まずはお問い合わせください

ラブソルではイベントやカンファレンスだけでなく、商品等のレポーティングも承っております。

制作事例は弊社ビジュアルレポート・デザイン専用インスタグラムをご覧ください。

ご興味をお持ちいただけましたら、是非一度お問い合わせますと幸いです。