2021年ラブソルのお仕事 | ノベルティ、WEB、ビジュアルレポート、デザイン、コンテンツ制作、コミュニティ

2021年12月29日

本年も残すところ、あと3日となりました。本記事ではラブソル デザイナーの小野寺が、2021年のラブソルのお仕事を振り返ります。

その時その方に最適な方法で、伝える

今年もラブソルでは、基幹事業であるノベルティ・オリジナルグッズ制作を軸に、様々な手法で企業や個人の「伝える」をサポートしてまいりました。

私の主な担当領域である、グラフィックデザインWEBサイト、弊社で開発している「ビジュアルレポート」はこれまで以上に様々な業界のお客さまに、様々な用途でご活用いただくことができました。

◆ビジュアルレポートとは
「情報のデザインを通じて、コミュニケーションをよりなめらかにすること」を目指し、イベ ントやカンファレンス、サービスなどの内容を、ビジュアルとテキストの力を使って届ける手法です。

その他、取材記事制作動画撮影・配信・編集スタイリング撮影コミュニティ運営など、それぞれの分野のプロフェッショナル、そしてお客さまと一緒に、その時々に最適な方法を考え、つくり出しています。

新型コロナウイルスによる制限がありながらも、魅力的な「人」と「現場」、そして伝えずにはいられない「想い」に出会った1年でした。お客さまに、心から感謝いたします。

数ある出会いの中からいくつか、2021年にラブソルが担当させていただいたお仕事をご紹介します。

ラブソルの基幹事業「ノベルティ・オリジナルグッズ制作 」

2014年に創業したラブソル。今でこそ多くの事業を展開していますが、当初はノベルティ・オリジナルグッズ制作を行っていました。

当時から強く持っていた、ラブソルのこだわりがあります。それは「捨てられないものづくりをしたい」ということです。

貰って嬉しくないもの・すぐに捨ててしまうもの、ではなく、もらった人がちょっと嬉しくなるもの・使い続けたくなるものを。その想いは創業から8年経った今も変わることはなく、あらゆるものづくりにおいて、ラブソルが大切にしていることです。

今年は「ロゴデザインからお願いしたい」「オリジナルノート、外側だけでなく中面にもこだわりを詰め込みたい」といったご依頼も多くいただきました。私もデザイナーとして制作に携わり、手に取ることのできる“もの”の魅力やつくる喜びを改めて実感しました

こちらは、吉乃菜穂様からご依頼いただき制作したオリジナルノートとポーチです。素材やデザイン、金具やバンドといったディテールにも、こだわりが詰まっています。

ロゴ制作から、梱包・発送まで、ノートは中面のデザインや販売サイトのデザインも担当させていただきました。

詳細はラブソルのノベルティ・オリジナルグッズ制作専用サイト「Novelty Cafe」内の記事をご覧ください。

その方らしく、更新したくなる、を目指して「WEBサイト制作」

ラブソルではWEBサイトの制作も行っています。

実はラブソル、自社のコーポレートサイト制作にまつわる、苦い思い出があります。創業当初、WEB制作会社に依頼してサイトを作ってもらった代表の池田と柴山。しかし、出来上がってきた完ぺきなサイトを前に、なぜか愛着が持てず、更新する気にもなれず、結局サイトは使わずじまい…。

そんな経験からラブソルのサイト制作においては「お客さま自身が愛着を持てる・訪れて、更新したくなる」を目指しています。

2021年は2名の方のオフィシャルサイトの制作を担当させていただきました。

ECショップのデザインもさせていただきました。

フライヤー、冊子、名刺など紙媒体からロゴ制作まで「グラフィックデザイン」

WEB媒体だけでなく、ポスター、フライヤー(チラシ)、冊子、名刺、ショップカード、ポストカード、カレンダーなど紙媒体のデザインも多数担当させていただきました。

また企業やサービスなどのロゴ制作も行っています。

こちらは、ヨガコミュニティ「結」のロゴやメインクリエイティブ、フライヤーです。制作の舞台裏は、ラブソルメンバーが交代で更新している、ラブソル公式noteでご覧いただけます。

以前サイトを制作させていただいた齋藤綾治(さいとう・りょうじ)様が、法人化されるにあたり、会社ロゴと名刺を新たに制作させていただきました。

元タカラジェンヌで女優・クリエイターである星乃あんりさんのブランド「Angelia」のロゴのデザイン、クリエイティブに使用するための撮影、あらゆるデザイン、コピー、販売グッズやノベルティの制作から、オンラインショップのリニューアル、ポップアップショップのサポートと、たくさんのお仕事を担当させていただきました。その舞台裏はこちら

イベントレポートから資料・書籍のイラスト、解説まで「ビジュアルレポート」

ビジュアルレポートとは、「情報のデザインを通じて、コミュニケーションをよりなめらかにすること」を目指し、イベ ントやカンファレンス、サービスなどの内容を、ビジュアルとテキストの力を使って届ける手法です。

ラブソルでは、デジタルに手描きなどのアナログ的要素を取り入れることで、一見とっつきづらい事柄もやわらかく、やさしく伝えています。

2021年はこれまで以上に様々な業界のお客さまに、様々な用途でご活用いただくことができました。

テキスト、静止画、動画… 目的に応じて最適なコミュニケーション手段を

ラブソルのコンテンツ制作では、お客さまのご要望や目的に応じて、記事などのテキストからYouTubeやダイジェストライブ配信などの動画まで、最適なコミュニケーション手段をご提案しています。

それが顕著にあらわれているのが、コミュニティ運営です。

ラブソルでは、小学館さんのファッション誌『Domani』のオンラインサロン「Domaniオンラインサロン」のコミュニティの企画から立ち上げ、運営までサポートしています。

日々のコラム投稿から、お知らせメッセージの配信、オンライン会議ツールを使ったオンラインイベントや、ライブ配信機能を使ったイベントの開催など、日々のコミュニケーションづくりは、コミュニティ運営において最も重要な仕事の一つです。

目的はもちろん、新型コロナウイルスの情勢も踏まえ、手段はもちろんリアル・オンラインを組み合わせ運営を行っています。

2021年を振り返って

2021年も、本当にたくさんの素敵なお客さまに恵まれ、支えられた1年でした。ひとつひとつの出会いが、お仕事が、私たちにとってかけがえのないものです。

任せてくださる、そのことに、気持ちに120%でお応えでき私たちであるために。2022年もより一層努力を重ねて参ります。